カードローンは危険、そこに潜む罠とは…

普段生活していると、ふとした時にお金が必要になったりする時があります。そんな時についつい手を出してしまうのがカードローン。
特に銀行系のカードローンは一時期ほどではないものの、銀行というネームバリューもあり比較的手を出しやすいものとなっています。

 

ただ、そんなカードローン、下手をすると生活がままならなくなる事になってしまいます。かく言う私も銀行系カードローンで現在も
返済中の身。はっきりした額はここでは言えませんが数百万円のローン残高があり、毎日ひーこら言いながら返済しているところです。

 

銀行系カードローンに限らず、ローンの金利はだいたい年利13.5%程度。(借りている額にもよります。ちなみに、私が今借りている
ところの金利もそのぐらいです。)年利13.5%というと金額にするとどのぐらいかあまりイメージが湧きませんでした。そこで計算して
みたのですが、1日あたりの利息が何と900円ちょっとでした。月額だと約27000円。数字を知って唖然としました。

 

ただし、毎月の返済額は同じ額なので、生活には多少なりとも余裕はありました。そこに潜む恐ろしさも知らずに…

 

毎月返済額が同じなので余裕をぶっこいていたのですが、全然元金が減らない…
銀行ローンに限った事ではありませんが、元利均等返済、いわゆるリボ払いってやつの恐ろしさです。支払いが一定額だから、ほとんど
利息にとられて元金が減らない!しかも、元金が減らないと、一日900円の利息も減らない、これがカードローンの恐ろしい所です。

 

ちなみに、某巨大匿名掲示板を作った人がyoutubeでこんなことを言ってました。

 

「リボ払いにする奴はバカだ。金持ちは絶対にリボ払いなんかにしない」

 

たしかにその通りです。後の祭りですが…

 

カードローンが一概に悪いとは言いませんが、「毎月うん千円支払うだけでいいんだ、わーい」などと言って限度額一杯の枠でカードローンを
申し込むのはやめましょう。後、知らないうちにカードの利用限度額が上がっていたりするので、これも気をつけましょう。(実際、私も利用
限度額が知らぬ間に上がってました。銀行系カードローンではなく、クレジットカードの方でしたが)

 

かく言う私はローン返済のため、今日も汗水垂らして働いております…

 

返済額が増えすぎて、多重債務になっているならサンク総合法律事務所に相談してみるとよいと思いますよ。

 

カードローンによる借金地獄

大学を卒業し就職をすると、何かと出費が増えたり高額なものを買うことがあります。私の場合、就職と同時に通勤用の車を買いました。この時初めてローンというものを組みました。車屋さんでローンを組んだので金利は5%を切るくらいだったと思います。しかし、5年ローンのため月々車の保険料を含め約5万円ほどかかってきます。加えて奨学金の返済が始まるといわゆる借金の返済に月々やく7万円ほどの出費になります。
新卒の手取りを考えると手取りの半分近くなくなっていくことになります。そして、ひとり暮らしをしていると家賃、光熱費等もかかってきます。会社から住宅手当は出ないので毎月ギリギリの生活を余儀なくされます。
しかも、サラリーマンをしていると付き合いでお酒の席に参加しないといけないことも多々あると、いよいよお金がなくなってしまいます。
飲み会が続くとお金が足りなくなるので、消費者金融からお金を借りてはボーナスで返済するということを続けていました。
消費者金融の金利は約15%なので毎月返済していてもなかなか借金が減っていきません。
将来のために貯金していきたいのですが、それは不可能にちかいです。
このような生活を過ごしている私から言えることは、消費者金融からお金を借りることは極力避けるべきだということです。
私の場合そもそも車のローンの期間設定を間違えたことが原因ですので、自分の手取りと必要経費を見て期間は決めるべきだったなと後悔しています。
こうならないためにも、自分の給料で無理のない範囲のローンを組むことをおすすめします。この時に見栄をはる必要はなく無理をしないことが大切だと思います。

 

以上、参考になれば参考にしてください。