欲しいものにお金を使う性格

欲しいものにお金を使う性格

私が困っているのは欲しいものにお金を使う性格です。その性格の影響で過去に何度も借金をしています。また借金をしても欲しいものを買うので止めたいと思っています。

 

私が好きなものは便利な家具や電化製品などです。これらは価格が高いので大きな出費になります。しかし生活を便利にするためにこうした商品を探すことが多いです。

 

以前は家具を何個も買って借金をしました。私は一流の家具しか買わないので出費も大きかったです。また借金をしたことは家族に話さなかったので問題になりました。

 

その後に家族が借金の話をしてきたので困りました。私は家族に借金のことを知られて非常に焦りました。しかし家族は借金のためにお金を出してくれたので助かりました。

 

実際には金融サービスでお金を借りるとコストが必要になります。家族はそのコストを心配していたのでお金を出したのです。しかし結果的には重い借金が少なくなったので嬉しかったです。

 

また私は家族から趣味のことを指摘されました。それで自分の性格も改善したいと思いました。やはり家族から指摘されると間違いにも気付きます。

 

一般的な人間なら借金をするのは普通なので、一人で不安になる必要はないと思います。その解決策としては家族に頼るという方法もあります。

家計は火の車な事。。

我が家は子供が3人います。
主人は結婚当初から派遣社員として働いていますので、ボーナスはなく家計は火の車です。
私もパートタイマーで働きに出ていますが、高卒で何の資格もないので工場でしか働けません。
毎月、子供の保育料、小学校の給食費を支払うのも精一杯です。
公共料金や携帯電話の支払いも滞納が続き何度も督促状がきています。

 

子供の子育て給付金が入れば全額を出金して、それらの支払いに充てています。
そのため、子供たちの貯蓄預金も全くできていません。

 

地方住まいなので、マイカーがないと生活ができません。そのため、分割払いでマイカーを購入しましたが滞納が続いている状態です。
学資保険どころか、私達の医療費や生命保険にも加入していませんので、家族の誰かに万が一のことがあっても捻出する資金がありません。

 

子供が大きくなっても大学に行かせてあげる資金がないので子供には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
夫婦二人の給与では、生活ができないので金融でカードローンを申し込みましたが、主人が派遣社員で預金も全くないので信用力が無いのか審査に落ちてしまいました。

 

現在は消費者ローンの借り入れを検討しています。
こんな暮らしで将来が不安でたまりません。