闇金相談弁護士と豆知識

闇金相談弁護士と豆知識

貸金業登録しておらず融資しているのが闇金です。
一般的なカードローンやキャッシングなどは貸金業登録という政府が認めた番号を持っています。
それがないので、違法な感じでお金を貸している方々になります。。

 

マンガでいうと、「闇金ウシジマくん」等が有名です。

 

最近はテレビでも話題になっているので知っている方も多いと思いますが、出資法の上限金利20%以上を越えた金利で融資をしています。このような業者からお金を借りてしまったら法外な利息を請求され、利息だけを払い続けることにもなってしまいます。

 

絶対に闇金からお金を借りてはダメですが、知らずに借りてしまう方も多いようです。このような業者にもいくつか種類があり、一番、有名なのが090金融です。090金融は携帯電話だけで融資を行い、高金利で貸し付けています。
また、トイチは10日で1割の利息を請求する業者です。他にも押し貸しや紹介屋などありますがこのような業者にお金を借りてしまっても法外な利息を払う必要はありません。

 

ただ、無視をしても解決できません。24時間、夜中でも取り立てや嫌がらせの電話を掛けてきますし、払うまでこのような嫌がらせは続きます。自身で解決できない方が多いようで、最近は闇金被害の相談を受付けている窓口も多くなりました。

 

弁護士や司法書士、消費者センターなどです。消費者センターは相談することは出来ますが、解決は難しく感じるので弁護士や司法書士に相談するのがいいでしょう。

 

闇金の場合は、「闇金相談窓口」という専用の窓口を設けている弁護士事務所や司法書士事務所が多いので、そこに相談していくとよいですよ。

闇金融と消費者金融の違いと危険性について・・・。

会社の給料だけでは、家族4人が暮らしていくだけの生活費の捻出がままならず、思い切って消費者金融の契約をしたことがありました。最初思っていたよりも審査も意外と簡単に通過できて、その後も必要性に応じて振込みの形で融資を受けていたのですが、利息に関しても低く抑えられているので、お金が必要な時にさっと借りて、ボーナスなどの際に大きく返してといった形でうまくやりくりができていたように感じました。

 

しかし、やがて複数の消費者金融と契約を交わすようになってから新たな借金申請が通らなくなり、ついに闇金融に手を出す事態に陥ってしまいました。

 

するとこれまでの消費者金融の借り入れとは全く異なり、利息もかなりついてしまうのですぐに借金返済がままならなくなって感覚が麻痺してしまいます。

 

そして返せなくなってしまうと今度は担当者が度々電話をかけてきて恐喝のような態度で借金返済を迫り、最終的には自宅や職場などにも押しかけてくる始末。本当に神経がすり減って絶望を感じることが多くなりました。

 

結局、私は親に泣きついて闇金融で借りたお金を全て完済したことでなんとかなりましたが、消費者金融では貸金業法や利息制限法という法律が消費者を守ってくれる一方、闇金融は全てが法律の外側で展開される借金商売なので、手を出す時はそれなりの覚悟が必要だと断言しておきます。