民事再生 個人について

民事再生について

民事再生とは債務超過によって債務の弁済を行うことが事実上困難になった場合に、裁判所の関与のもとで債務を減額してもらう手続きのことです。

 

債務整理の一種となりますが、裁判所が手続きに関与するので証拠収集などの手間がかかることにはなるものの、債務を減額できるので任意整理に比較しても債務をより多く減額することができ、残りの借金については3-5年間にわたって再生計画にのっとり分割払いをすることで債務を免れることができることになります。
民事再生の手続きの流れですが、裁判所によって微妙な違いがあるのでモデルケースとして東京地方裁判所を事例にとって流れを御紹介します。まず個人再生委員が選任され再生計画のチェックなどを行いますが、弁済についての認識を高める為の「積立トレーニング」なども行って計画的に返済できるように実践的にトレーニングなども行います。

 

それと言うのも個人再生では原則3年間と言う長期間に渡って計画的に弁済していくことになるので再生計画に無理が無いのかを確認することが必要になるためです。従って個人再生の申立てから更生計画に対する裁判所の認可が出るまで半年程度の年月をようします。更生計画が認可されるとスケジュール通りに債務者は減額された借金を減らすことで債務から免れ住宅などもうしなわずに済みメリットがあります。ただ手続き完了まで時間がかかるのがデメリットと言えます。