個人再生をした体験について

個人再生をした体験について

私は普通に働いていて住宅のローンを支払っているものですが、最近収入が少なくなり困っていました。
それで色々な所からお金を借りるようになっていたのですけど、その返済が難しくなったので弁護士に相談をしました。
相談した所は金融関係に詳しいところだったので、こちらの事情についてすぐに理解をしてくれました。

 

私としては自己破産などの重い方法をすることになるのではと不安でしたが、相談をしてみるともっと簡単な方法が利用できました。

 

弁護士の方が説明してくれたのは個人再生というもので、この方法は借金の減額ができるものでした。
そのような方法についてあまり詳しくなかったので、色々話を聞いたのですが説明が分かりやすく助かりました。
弁護士の説明では個人再生をする場合は、住宅などを手放さなくて良いのでやりやすいといわれました。
ちょうど住宅ローンを支払っているところだったので、私に向いている方法だと考えたので頼むことにしました。

 

弁護士を通じた手続きはそれほどやることがなく、多くの問題は弁護士の人に頼んでいました。
手続きは一月程度で終わって、以前の大きかった借金を大幅に小さくすることができました。
このような処理をする時は色々不安もありましたが、弁護士と相談しながら行えたので精神的に楽でした。

 

そうはいっても、住宅ローンの支払いなど私のお金の使い方の計画性のなさから発生した問題ではあるので今後はライフプランを
ちゃんと立てていろいろなお金関係のことを決めていこうと深く反省したのでした。。

 

こういうことは、学校では教わることがないので、必修科目みたいにして教えてくれたらよかったのにな〜と嘆いたこともありますね。