特定調停

特定調停について教えてください。

特定調停は簡易裁判所の調停手続の制度を活用して行う債権者との話し合いといわれています。

 

裁判所の調停委員が仲介役として債務者と債権者の間に立って交渉を進めてくれるのです。
そして、この特定調停を利用できる人は債務者本人や弁護士などの代理人です。

 

この制度自体は債務者が自身で利用することが前提となっている制度になります。

 

そのため、債務者が代理人を依頼しないで申立をすることが前提とされているのですが、弁護士等の代理人に申立してもらうこともできます。
この制度のメリットは、借金がどのような形で生じたかは問題とならないという点や、自身で行うため経費が安いといった点がメリットといえます。

 

その費用は債権者1社につき1000円くらいといわれています。さらに、債権者を選ぶことができるという点などが挙げられます。

 

加えて、官報には記載されないということや保証人に迷惑をかけないで行うことができるという点、差し押えを停止できるということなどが挙げられます。

 

それに対して、特定調停のデメリットとして手続は自身で行う必要があるということや強制力がないという点、ブラックリストに登録されるといったことなどが挙げられているのです。